テーブルとは


テーブル 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ >

 
テーブルとは

テーブルの定義
テーブルとは、平らな天板に脚または支柱をつけ、作業や食事ができるようにした家具です。高さがあるものは、椅子とセットになって使用されます。


テーブルの歴史
<古代:テーブルの誕生>
テーブルは、古代エジプトで使われ始めました。古代エジプト人は、床より高い位置に食べ物などを置くために、石で小さな台を作り、テーブルとして使用しました。天板の形はいびつで、高さが低く、椅子は使われませんでした。紀元前16〜17世紀ごろになると、石だけではなく、木でできたテーブルが使われるようになり、食事のほか、ボードゲームなどがテーブルを使って行われました。
一方、古代中国でも、筆記や絵画などの創作活動のためにテーブルが使用されていました。


<古代ローマ期:形が多様化>
古代ローマ時代には、正方形や長方形、円形、半円形など様々な形のテーブルが登場しました。脚の本数も1本から4本まで様々でした。

<中世:大型テーブルも登場>
5世紀〜15世紀の中世には、大人数で食事をするときに使う大型のテーブルが登場。架台や書見台なども作られ、テーブルの使い道が多用化しました。

<ルネサンス:豪華なテーブルが流行>
ルネサンスの時代(14〜16世紀)には、上流階級の人々が食事をする時のための豪華なダイニングテーブルが流行。客人をもてなすための装飾的な要素の強いテーブルが愛用されました。

<近代以降:暮らしの用途に合わせたテーブル>
17世紀後半からは、サイドテーブル、ドレッシングテーブル、コーヒーテーブルなど暮らしの用途に合わせた専用テーブルが登場。さらに、20世紀以降になると、ガラステーブルが急速に普及するなど、バリエーションがさらに豊富になりました。


テーブルの役割
<体にやさしい>
食事をしたり、書き物をしたりする時、床でじかに作業をするとなると、体を前にかがめなければならず、腰や背中への負担が大きくなります。テーブルを使えば、より自然な姿勢で作業をすることができ、体への負担が減ります。

<空間を有効活用>
テーブルには、空間を有効に使う役割があります。天板の上は作業台として、下は収納スペースとして使うことで、部屋がすっきりします。


テーブルとインテリア
テーブル一つで、部屋の雰囲気は大きく変わります。テーブルは、色もデザインも多種多様です。カントリー、アンティーク、モダン、和風、アジアンなど、部屋を自分流にコーディネートするうえで、テーブルは大きなカギを握ります。
また、テーブルは、空間の中心となる家具です。テーブルを中心に椅子やソファ、カーペットなどが配置され、憩いの場が形成されます。



関連コンテンツ

テーブルとは

当店の特徴

テーブルの選び方

種類

材質






テーブル 通販.com トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問

会社概要サイトマップショップ一覧特定商取引法の表記お問い合わせ


Copyright (C) テーブル 通販.com. All Rights Reserved.