一人暮らしの方に選んでほしいテーブル


テーブル 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
一人暮らしの方に選んでほしいテーブル


どんなお部屋にもほしい家具、それがテーブル

一人暮らしをする多くの方が、ワンルームや1DK、1LDKといったタイプの部屋に住んでいるのではないでしょうか。部屋にいる時間が短い方では、自宅のインテリアにそれほどこだわらず、テーブルがなくても特に困らないかもしれません。

しかし、どんなお部屋でもテーブルがあるとうれしいものです。食事は食べやすくなり、パソコンは操作しやすくなります。書きものをするときは、テーブルがないとうまく書けませんよね。ライフスタイルやお好みに合ったテーブルがあれば、今のお部屋はより居心地のよい空間になるはずです。




使いやすいのは「省スペースで多機能」

一人暮らしで使用するテーブルには、省スペースかついろいろな用途に使える多機能なものが適しています。

ダイニング機能を考える場合、1人が食事をする時に最低限必要なのは幅60cm、奥行35cm程度と言われています。書きものやパソコン作業などテーブルを使いたい場面はよくありますが、食事で必要な一辺60cmほどのカフェテーブルであればその他の作業でも十分にこと足りそうです。

小さめのカフェテーブルにも、天板が木目のものやガラスのもの、脚に装飾があるもの、シンプルなスチール製のもの、やさしい丸みのあるものなどさまざまなデザインがあるので、お部屋の雰囲気やインテリア、ご自分の好みに合わせて選べます。




便利でうれしいテーブルの機能

普段は必要なくても、友人や親が来たときは広いテーブルがほしい――そんな方には、天板が伸縮するエクステンションテーブルや、大・中・小のテーブルを重ねて収納しておけるネストテーブルがおすすめです。

折りたたみテーブルを購入し、普段はたたんでおいて必要な時だけ広げるというのもいい方法です。折りたためば狭い隙間にも収納でき、そのぶん部屋を広く使えます。折りたたみ式でもデザインに凝ったものは多数ありますので、おしゃれなくつろぎの空間を演出できるでしょう。

利便性でいえば、キャスター付きのタイプも引けを取りません。テレビの前に置いたり、ソファやベッドの横に引き寄せたりと柔軟な使い方ができます。簡単に動かせるので、掃除の際にも移動が簡単です。




使用感をイメージして選んでください

本格的に自炊をしたい人、ある程度ゆとりのあるスペースで作業をしたい人には、小ぶりのダイニングテーブルも好まれています。天板が四角形なら壁につけて置くこともでき、無駄なスペースが生まれません。オーソドックスに、センターローテーブルを置くのもいいでしょう。お部屋の広さに合わない大きさだとテーブルの周囲にゆとりがなくなり、部屋が狭くなったように感じることがありますので、使用感をイメージして選ぶようにしてください。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) テーブル 通販.com. All Rights Reserved.