後悔したくない方、必見!テーブルにまつわる失敗と対策


テーブル 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
後悔したくない方、必見!
テーブルにまつわる失敗と対策


「どうしてこんなものを選んじゃったの……」
「気に入っていたのに汚してしまった……」

このようなテーブルにまつわる失敗と、その対策をご紹介します。お気に入りのテーブルを見つけて使い続けるために……ぜひ参考にご覧ください。




鍋パーティーができない……

一人暮らしの方は、スペースの兼ね合いから比較的小さなサイズのテーブルを選びますよね。「お茶碗・味噌汁椀・箸・コップ・おかず用の皿が置ければ問題ないかな……」でも、ちょっとまってください!

卓上でお鍋や焼き肉をする場合、テーブルにはお茶碗・取り皿・箸・コップのほか、電気鍋やホットプレートといった調理器具が乗ります。ですから、"普通の食事"がぎりぎりできるサイズのテーブルだと、卓上でお鍋や焼き肉ができないんです。

パートナーや気の置けない友人を招いてのお鍋や焼き肉を楽しみたいという方は、ゲストの人数や調理器具のサイズ(ぜひ測ってみましょう)なども想定して、ゆとりのあるサイズのテーブルを選びましょう。


最大何人で、どう使う? 「こんな使い方がしたい!」から逆算しよう



焦げやしみがついてしまった……

熱した土鍋をそのまま置く、調味料をこぼすなどして、テーブルに焦げやしみがついてしまうことがあります。大切なテーブルを汚さないためにも、鍋敷きやランチョンマット、コースターを使うようにしましょう。新聞やチラシを鍋敷きの代わりに使う方もいますが、柄移りするおそれがあるのでおすすめできません。

とはいえ、どんなに気をつけていても"うっかり"は起こるもの。あまりにも大きい焦げやしみであればプロの修理屋さんにお願いするのが得策ですが、小さな焦げやしみなら意外にも自分で直せることも多いんです。



自分で直そう!
ちょっとしたテーブルの焦げやしみの直し方


1、木のテーブルが焦げた
→サンドペーパーやヤスリで焦げを削り、テーブルと似た色のニスを塗る

2、ニス塗りのテーブルに輪しみがついた
→柔らかい布にマヨネーズをつけて拭く

あきらめないで!ちょっとした"応急手当"なら、自分でもできるんです



とにかく使いづらい……

「1人あたりのスペースが足りない」
「テーブルの高さを考えると椅子が高すぎる」

このような使いづらさを感じている方も多いことでしょう。

テーブルの用途、家族構成、使用人数、天板・椅子のサイズ、高さ、テーブルと椅子の距離なども考えて、ストレスなく使えるものを選びましょう。

※ストレスなく使えるテーブルの選び方について




インテリアと合わない……

「このテーブル素敵!」と一目惚れをして購入したはいいものの、いざ自分の部屋に置いてみるとテーブルとお部屋のインテリアがちぐはぐ……というのも、よくある失敗です。

"外し"として、あえてお部屋全体のインテリアと違う系統のテーブルを置くという手法はありますが、それはきちんと計算されたうえでの話。「テーブルを置いたときの全体の印象」をしっかり考えて購入することが、失敗を防ぐポイントです。

「いまの部屋とは合わないけど、絶対にこのテーブルがほしい……」という場合は、テーブルに合った小物(和風のテーブルなら和風の小物)を使ってインテリアの統一感を出すのも1つの手。また、テーブル周りに同系統の衝立を置いてスペースを区切るというのもおすすめです。

※和風、天然木、木製、布(クロス)、麻・天然木、籐(ラタン)……etc
テーブルに合った衝立がお得なプライスで見つかる!



小物づかいでテーブルを周りのインテリアと調和させましょう!





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) テーブル 通販.com. All Rights Reserved.