テーブルを買ったら・・・見直したいテーブルマナーの基本


テーブル 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
テーブルを買ったら・・・見直したいテーブルマナーの基本


新しいテーブルと正しいマナー

わが家に新しいテーブルを迎えたら、そのテーブルで過ごす時間がもっと上質なものになるように、テーブルマナーを見直してみませんか? 自分自身だけでなく家族や友人が気持ちよく食事を楽しめるのはもちろん、自宅での食事作法を見直すことで外食時も自然と美しい振る舞いでお料理をいただくことができます。テーブルマナーとは、ただ堅苦しいものではなく美しさと合理性を追求した機能美の所作。無理なく、できるところから正してみましょう。



正しい箸使いで見た目にも美しく

和食の基本は正しい箸使いです。箸の持ち方が正しくないと、上手に食べ物をつかめないばかりか、手腕も不格好に見えてしまいます。子供の教育の基本に含まれるように、箸の持ち方はテーブルマナーにおいても基本中の基本です。

箸を箸置きから持ち上げるときには……
(1)箸を右手で持ち上げます
(2)箸の下から左手の指の腹を添えます。
(3)左手で箸を支えたまま、右手を箸の下側を滑らせるように上げて握り位置まで移動させます。

箸を置くときには……
(1)右手で持っている箸に下から左手の指の腹を添えます。
(2)右手を箸に滑らせるようにして上から持ちます。
(3)左手を離し、右手で箸置きにそっと置きます。
※利き手が左手の場合は左右が逆になります

持つ手で上げ下げを済ませるよりもひと手間かかりますが、このひと手間が美しい所作そのもの。面倒がらずに、普段の習慣として続けたいですね。




知っておきたいテーブルマナーの基本

箸使いをはじめ、テーブルマナーの中ではタブーとされるものがあります。代表的なものを知って、目上の方や大切な方との食事の場で失礼がないようにしましょう。

(1)逆さ箸
大皿から料理を取り分けるとき、同席の人に気を遣ったつもりで箸を上下持ち替え、持ち手を使って料理を取ることです。手で持っていた部分が料理に触れるのは不衛生なうえに見た目も美しくありません。

(2)渡し箸
器の上に箸を置いてしまうことです。よくやってしまいがちですが、箸は必ず箸置きに置きましょう。箸置きがない場合は箸袋を代用するのがおすすめです。あまり凝った折り方にすると箸袋を何度も手で触ることになり、衛生的に好ましくないので、一結び程度にしておきましょう。

(3)刺し箸
食べ物を箸で刺してしまうことです。滑りやすい食材、転がりやすい食材でも、箸で刺してしまうのはマナー違反。

(4)手盆
煮物など汁物を食べるとき、つい左手を口元に添えてしまうことがありますが、これもマナー違反です。できれば懐紙(かいし)を持参して受け皿代わりに使えたらベストです。

(5)割り箸の割り方
外食で使うことの多い割り箸を割るときは、箸を横に持って扉を開くようなイメージで箸の片側だけを動かして割りましょう。縦に持って割るよりも美しい動作になります。

(6)身だしなみ
食事をとるにあたってのテーブルマナーとして、身だしなみも大切です。香水などの強い香りをつけたり、大振りなアクセサリーをつけたりするのは控えましょう。せっかくの食事の香りを消してしまったり、美しい器を傷つけてしまったりしかねません。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) テーブル 通販.com. All Rights Reserved.