テーブルのルーツとは?


テーブル 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
テーブルのルーツとは?


古代エジプトの時代からテーブルが使われていた

テーブル(table)の語源は、ラテン語で「板」を意味するタブラ(Tabula)にあります。板切れに足を付けたものがテーブルのルーツとされ、エジプト第17王朝(紀元前1663年〜紀元前1570年)時代の木製テーブルが、現存する世界最古のテーブルとして発見されています。

このテーブルは長方形の板を4脚の角柱で支えたもので、脚の部分には補強材が用いられているなど、現在のダイニングテーブルとほとんど同じ構造をしています。3600年前の古代エジプトで、すでにテーブルの形が完成していたというのは驚きです。その後テーブルは、なくてはならない家具の一つとして歴史を歩んできました。


シンプルデザインのテーブルは、どんなお部屋にもすぐになじんでくれます。



用途によって使い分けられてきたテーブル

テーブルの形は、天板をしっかり支えることができれば原理的にはどんな形でも可能です。しかし、通常のダイニングテーブルやリビングテーブルは、使いやすさを考えて四角形、あるいは円形、楕円形などが一般的です。

ガーデンテーブルやサイドテーブルなどの装飾的な要素が強いテーブルでは、中央の支柱で支える一脚テーブルや天板が八角形など多角形になっているテーブルなどもあります。人数に合わせて、天板を折り畳んだり伸ばしたりできるエクステンションテーブルや、幾つかのテーブルを重ねて収納できるネストテーブルなど、用途に合わせてさまざまなテーブルが考案されてきました。

特にルネッサンス期以降のヨーロッパでは、ダイニングルーム、ベッドルームなど、用途によって使い分ける部屋が設けられるようになり、テーブルの種類も自然と増えていきました。


ベッドルームに置くサイドテーブルは、収納が付いていると便利です。



現代人には欠かせないアイテムに

日本でテーブルが椅子と一緒に使われ始めたのは明治時代といわれており、それ程歴史は古くはありません。しかし、現代では家族の食事や団らん、仕事や会議など、あらゆるシーンで活用され、私たちの生活には欠かせないアイテムの一つとなっています。

材質としては、伝統的な天然木をはじめ、合板、レザー、強化ガラス、アルミなど、さまざまな素材が使われています。こうした素材は、用途や耐久性などを考えて使用されており、デザイン面でもそれぞれに味わいがあります。テーブル 通販.comでは、さまざまな素材で作られた各種テーブルを用意。デザインや色も豊富に取り揃えています。

ビルのエントランスやオフィスなどの無機質な空間でも、コーナーにテーブルと椅子のセットが1つあるだけで屋内の雰囲気がガラリと変わります。スタイルや用途に合った最適なテーブルをお選びください。


テーブルやチェアーにこだわると、日々の食事が楽しくなります。





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) テーブル 通販.com. All Rights Reserved.