家族の食卓選びで大切なこと〜


テーブル 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
家族の食卓選びで大切なこと
〜ダイニングテーブルor卓袱台〜

今ではすっかりダイニングテーブルが日本の食卓の主流になりました。ですが、長い歴史を見れば、日本にダイニングテーブルが入ってきたのはつい最近のことです。

日本の食卓は、古代から「銘銘善」→「卓袱台」→「ダイニングテーブル」という流れで変遷してきました。食卓選びの前に、簡単に日本の食卓の変遷を知っておきましょう。


いまや「当たり前」のダイニングテーブル。でも、日本における歴史はまだ浅め



個人用の食卓〜銘銘膳〜

古代から明治に至るまで、日本の食卓は「銘銘膳(めいめいぜん)」でした。銘銘膳というのは、旅館の宴会とかでお目にかかる、あの膳のこと。一人前の料理がのっている、言わば個人用の食卓ですね。昔は、たとえ親子であっても同じ食卓を囲むことはなかったようです。ちなみに、箱膳(はこぜん)は銘銘膳の一種です。

家族団らんの象徴〜卓袱台〜

明治の半ば以降、昭和にかけて日本の食卓として大活躍したのが「卓袱台(ちゃぶだい)」です。誰もが1回は、テレビや漫画でガンコ親父が卓袱台をひっくり返すシーンを目にしたことがあるでしょう。

天板が方形または円形をした床座式の食卓で、脚を折り畳めるものがほとんどです。卓袱台の登場により、大勢で食卓を囲んで大皿料理を分けて食べる文化が定着していきました。

日本人は古くから「床に座って食べる」習慣がありました。西洋人は古くから「大人数でひとつの食卓を囲んで食べる」習慣がありました。そういった意味で、卓袱台は日本と西洋の文化を融合した食卓であると言えるかもしれませんね。

食事スタイルの西洋化〜ダイニングテーブル〜

1960年代になると、西洋文化の流入や生活習慣の変化にともなって、日本の食卓は卓袱台からダイニングテーブルへと移り変わり、椅子に座って食べるスタイルが一般化していきました。

この流れに拍車をかけたのは、「ダイニングキッチン」という考え方が採り入れられた住宅公団の集合住宅。この住まいは、ダイニングテーブルが作り付けになっており、大きな人気を博しました。


人々の考え方や住まいのスタイルに合わせて、テーブルも変化しています



ライフスタイルに合った食卓を!

日本の食卓のスタンダードになったダイニングテーブルですが、卓袱台で食事をする人がいなくなったのかと言えば、そうではありません。

・「あぐらをかいていたほうが落ち着く」
・「日本人なら床に座ってご飯を食べたい」
・「丸い卓袱台でご飯を食べる距離感がいい」


このような意見も多くあります。

昔ながらの日本人らしい食事スタイルをとるなら、卓袱台に代わる選択肢はないでしょう。一方で、卓袱台派の方には気になる話も。



・「あぐらは腰痛を悪化させ、正座は膝に負担がかかる」
・「最近の若者の脚が長いのは、食卓が卓袱台からダイニングテーブルに変わったから」



前者に関しては、医学的にも広く言われていることです。食事は毎日のことですから、膝や腰が悪い人はダイニングテーブルを選んだほうがいいでしょう。後者に関しては、真偽のほどは定かではありませんが、言われてみればそうかもしれないと思ってしまう説得力がありますね。

ダイニングテーブルと卓袱台でどちらが優れているということはありません。どちらを選ぶにせよ、大切なのは家族が食卓に何を求めるかということであり、食卓を囲む人のライフスタイルに合っていることです。

おじいちゃんやおばあちゃん、お子さんにも意見を聞いて、家族みんなが笑顔になれる食卓を選べるといいですね。


テーブル選びは家族次第!あなたは食卓に何を求めますか?





「コラム」一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) テーブル 通販.com. All Rights Reserved.